田中歯科クリニック

義歯(入れ歯)

義歯治療とは

義歯治療とは
義歯は決して見た目だけのためのものではありません。せっかく義歯を入れても、噛み合わせが合わず、食べ物がきちんと噛めないばかりではなく、肩こりや頭痛に悩まされることがあります。また、義歯がフィットせず、入れ歯がすぐ取れてしまったり、歯ぐきが痛いなどさまざまです。 当院では、金属床義歯をはじめ、薄くて軽いバネのない新しい義歯も用意しておりますので、現在義歯を検討している、または義歯を利用しているが、自分に合っていないようだ・・・など、お悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。

義歯の種類について

レジン床義歯(総義歯
● レジン床義歯(総義歯) - 保険適応 -
保険で適応できる総義歯です。材質がプラスチックなので分厚くなり、快適さが損なわれる他、口の中で熱が伝わりにくくなるなど、機能的にも見た目にも限界があります。
 金属床義歯(総義歯)
● 金属床義歯(総義歯) - 保険適応外 -
義歯の床の部分が金属でできた、総義歯です。プラスチックの物に比べ床を薄くすることができるので、熱が伝わりやすい他、丈夫さや薄さを限りなく追及し、自然に近い装着感や快適感を得ることが可能です。
クラスプ義歯 - 保険適応 -
● クラスプ義歯 - 保険適応 -
自分の残っている歯にバネを引っかける一般的な部分入れ歯です。単純な構造で丈夫、長持ちするのが特徴です。ただし、バネが見える場合があります。
ノンクラスプ義歯 -保険適応外-
● ノンクラスプ義歯 - 保険適応外-
義歯には必ず付いていたバネ(クラスプ)を取り除いた義歯です。金属を使用しないため、金属アレルギーの方でも問題なく付けることが可能です。プラスチック部分は弾力があり、今までバネについていた食べカスがなくなります。 
-自費診療保険診療の違い-
入れ歯は薄く丈夫にする為に、金属の使用が適していますが、使用する場所や作製方法に制限があります。
※健康な歯を大切にする為に、定期検診を受診することをお勧めします。

保険適応の義歯(左)と自費診療の義歯(金属床義歯)(右)

保険適応の義歯(左)と自費診療の義歯(金属床義歯)(右)
口蓋(上あご)を金属で覆うことで薄くでき、熱も伝わるので、快適に食事ができます。

●バネのないノンクラスプデンチャー

●バネのないノンクラスプデンチャー
治療回数…………2回
料金……5,000円
残っている歯を維持するため、定期検診を受けて予防に努めましょう。

料金表

○ 義歯(入れ歯)
金属床(総義歯)
200,000円(税別)
金属床(局部義歯)
200,000円(税別)
ノンクラスプデンチャー (1歯)
50,000円(税別)
ノンクラスプデンチャー (2~3歯)
60,000円(税別)
ノンクラスプデンチャー (4歯~)
100,000円(税別)
治療回数 3回~5回が目安となります。