田中歯科クリニック

小児矯正

小児矯正について

小児矯正について
小児矯正とは、幼少期の永久歯が生えそろう前に行う矯正治療法です。大人の矯正治療は、あごの成長が終わっているので、歯を動かすだけの矯正になり、歯を正しく並べる為のスペースがない場合には、健康な歯を抜歯し並べる為のスペースを作らなければなりませんが、幼少期の子どものあごは成長段階にあるので、事前にあごの成長をコントロールし歯をきれいに並べる為のスペースを確保することができます。

治療を始める時期

治療を始める時期
治療を始める時期は、早ければ早いほど良いといわれておりますが、目安としては、永久歯が生えそろう前になります。永久歯が生えそろう前に治療を始めることで、歯を正しく並べる為のスペースを自然に準備ができるので、抜歯を避けることができます。その為、矯正治療は出来るだけ早い時期(永久歯が生えそろう前)に行うことが最適です。永久歯が生え始める時期には、歯と歯の間に隙間ができますが、隙間はあごが正しく成長しているという事なので心配はいりませんが、この時期に歯が隙間なくぴったりと並んでいるようですと、永久歯が生えそろうスペースが不足していることになります。

不正咬合(悪い歯ならび)が心身に与える影響

  • 歯磨きが上手にできないため、むし歯になりやすい
  • 食べ物を上手く噛むことができない
  • 発音が悪くなり、上手にしゃべることができない
  • 全身のバランス(姿勢)が悪くなり、頭痛やスポーツなどに影響がある
  • 歯ならびが悪いことに心理的ストレスを感じる場合がある
  • 見た目が悪いということだけではなく、日々の生活から健康に悪影響を及ぼす可能性がある

不正咬合の種類

[異常歯列]
乳歯にむし歯があると、乳歯から永久歯に生え替わるとき、永久歯の位置がずれることがあります。また、いったん生え替わった歯はその位置にはとどまらず、噛み方や癖によって移動します。さらに歯が抜けたり欠けたりした場合、歯は空いたところにどんどん傾きます。このように歯ならびが悪いとさらに歯ならびを悪くしていきます。
叢生(八重歯・乱ぐい歯)
叢生(八重歯・乱ぐい歯)
歯のはえる場所が足りないため、凹凸に生えたり、重なりあって生えている状態。

開咬
開咬
奥歯を噛み合わせても上下の前歯が噛み合わない。

上顎前突(出っ歯)
上顎前突(出っ歯)
奥歯を噛み合わせても上下の前歯が噛み合わない。
下顎前突(受け口・反対咬合)
下顎前突(受け口・反対咬合)
噛み合わせたとき、下の前歯が上の前歯より前に出ている状態。

料金表

○ 矯正料金表
診断料 (パノラマレントゲン セファロレントゲン 模型)
30,000円(税別)
MTM(小矯正)
50,000円(税別)
DBS(ダイレクトボンディングシステム)
300,000円(税別)
DBSに拡大装置などを併用した場合
400,000円(税別)
(反対咬合の前歯のみは10万円 兄弟での治療は、割引があります。)
治療期間例)3年~10年※症例により治療期間が異なります。